東京都江東区の看板屋
看板の事なら御相談ください。
LED看板以外の看板製作やメンテナンスも行います。
関東全域で工事を行っています。

(お知らせ)
北海道での看板落下事故や渋谷での工具落下事故に伴い
看板業界も大きく変わろうとしています。
広告物の状況や工事内容によっては対応できない場合があります。
予めご了承ください。
広告物所有者様向け 国土交通省 下記をクリック
「看板の安全管理 ガイドブック」 PDF

SINCE1950
祖父の代から看板業を営んでおります。
1950年からの製作実績
豊富な経験と有資格工事で御客様の安心へ
有限会社ケイラインはLED看板を主として
2005年に設立いたしました。

≪所有資格≫
屋外広告士
第一種電気工事士・第二種電気工事士
ネオン工事技術者
あと施工アンカー 技術管理士
あと施工アンカー 第2種施工士
一般社団法人 日本建築あと施工アンカー協会 ここをクリック
*看板を取付するアンカーを設置する為の資格
非常に難しく難関で看板業界でも持っている方が
極端に少ない資格となります。
弊社が大手建設会社から年間を通じて多くの
依頼を受けている理由はこの資格を所有しているからです。

その他 高所作業車など約10種類以上

≪お問い合わせ先≫
WEBからのお問合せはメールにてお願い致します。
(メール)  info@k-line21.com

Q.看板診断とは?
A.ここをクリックしてください。

*手遅れになる前に、看板の設置や管理が不適切なら所有者としての管理責任を問われます。
落ちる前に撤去もしくは交換をオススメします。

通常の鉄骨コンクリートの建物でも建て替えは約50~60年
看板にも同じ感覚をもっていませんでしょうか?

通常の看板は取付から約10年が交換の目安です。
また既成看板などは5年目からの看板の点検が必要かと思われます。

看板の取り付け部分も約5年から10年が目安となっています。
車は10年経過するとエンジンのかかりが悪くなったりして交換時期と感じますが、看板は外観からでは全くと言っていいほど内部の劣化がわかりません。まずは内部の撮影やアンカー部分の写真撮影などで御客様の看板の状態を確認する事が必要です。

看板の相談・お見積りについて
工事内容と写真や大体の寸法をお送りいただいた場合、概算金額をお出し致します。
※発注をいただいた場合は、採寸した上で事前に正確なお見積りをお出しします。
※現地での出張採寸をしてからの相見積り等はご遠慮ください。
お問合せはメールにてお願い致します。

6-1.jpg

9-1.jpg

3-3-2.jpg

6-2.jpg

9-2.jpg

9-3-2.jpg

back1.jpg

back2.jpg

品質保証について

1.保証期間は、弊社から発送された日から起算して、安全構造上の瑕疵については1年、外観上の瑕疵(著しい変色等)については1年、看板資材の劣化などについては1年、弊社にて取付た看板などについての保証は取付日のみ、電気製品(LED関連製品は別途規定による)の瑕疵については全て1年とします。

2.保証は、弊社が指定する正しい取付方法、手順に添って正確に取付けられた製品が対象となります。屋内用に設計された製品は、屋内で必ずご使用ください。また、施工が不適当な施工面や環境下(浴場・サウナ室等含む)に施工された場合は、保証の対象外となりますので、ご注意ください。また、取付施工前には必ず取付・取扱説明書を読み、製品ごとの特性を理解した上で作業に取り掛かってください。

3.取付施工中の事故による、製品の破損、塗膜の剥がれ、傷等は、保証の対象外となります。また、一度取付けた文字を移動した場合も、保証期間内であっても対象外とさせていただきます。特に両面テープ接着で取付を行う場合は、貼り直しが起こらないよう、注意して作業を進めてください。

4.いたずらや、故意による破損、塗膜の剥がれ、傷等は保証の対象外です。また、誤ったメンテナンスを行い、製品に瑕疵が起きた場合も保証の対象外となりますので、ご注意ください。塗装仕上げ(クリアコート含む)、DPS、金箔、プラチナ箔、樹脂等は有機溶剤等の薬品に侵されることがありますので、ご注意ください。

5.火事や地震、火山噴火、台風等の災害が原因(酸性雨・塩害含む)で起きた瑕疵は、保証の対象外となります。

6.弊社以外で、デザイン、設計を行った製品の設計上の欠陥については、一切責任を負えません。また、安全上・概観の耐久面の製作方法、仕様・材料等の変更依頼を弊社が行ったにも係わらず、変更が認められない場合は、保証の対象外とさせていただきます。
7.弊社が行う保証は、商品の交換のみとさせていただきます。取替えにより発生する、取付工事、現場足場費用、搬送費用並びに、店舗休業補償や利益損失補填などは、いかなる場合も保証いたしかねますので、ご了承ください。

8.保証を受けられる場合は、納品書の控え、瑕疵の状況を示す写真等の資料を提出願います。状況や製品によっては、瑕疵のある製品との交換を条件とさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

9.上記以外の保証規定は、下記製品ごとの保証規定及び、各製品に付属されている取扱説明書によるものとします。

10.弊社が行う全ての看板工事は上記の内容に基ずく保証となります。